格闘技用マウスガード;成増北口通り歯科、院長の塩原康弘です。

 成増北口通り歯科、院長の塩原康弘です。
本日、以前から通っている格闘技ジムの友人がマウスガードを作りに来院してくれました。
そこでマウスガードについてブログでアップしたいと思います。
ボクシングではマウスガードを着用しないと頬や唇など軟らかい組織へのダメージが90%、歯や骨へのダメージが84%だったのが、マウスガードを着用することにより24%にまで低下するとのデータもあります。また、マウスガードの厚さも3ミリメートルで70%の衝撃を吸収するとのデータもあります。
もし、格闘技などスポーツをやられていてマウスガードを考えられている方がいらしたら、一度、お聞き下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です