月別アーカイブ: 2012年6月

ユニット設置:成増北口通り歯科、院長の塩原康弘です

 院長の塩原康弘です。
昨日になってしまいますが、ユニット(歯科治療時にお掛け頂くチェア)の設置を行いました。また、明日になりますが、成増北口通り歯科の看板設置となります。
これから、見た目にも変化が見えてきますので、皆様、どうぞ宜しくお願いします。

成増北口通り歯科、院長の塩原康弘です

本日は違った内容を書きます。
去年3月11日に東日本大震災がありましたが、私の出身大学である鶴見大学も学生を中心に小学校、中学校へのボランティアを継続的に続けています。そして、私も学生の引率教員として3回、気仙沼へボランティアに行きました。
本日、ボランティア先の小学6年生が修学旅行を兼ねて鶴見大学へ体験入学に来ました。緊張しているせいか大人しく静かな小学生を見ていて可愛らしい感じがしました。しかし、マネキンを使用しての歯医者実習は真剣そのものでした。
ここで震災に関して・・・
震災直後から中期にかけて大半の被災者は口腔内も含め怪我はお医者さんのところへ行き、歯医者の出番はあまりないと聞いています。
しかし、入れ歯が無くて食事が出来ない、歯が痛い、歯茎が腫れてしまった等々、その後の避難所生活での歯ブラシが出来ない環境から起こる口腔内の歯垢や食べ物のカスなどが肺に入って起こる誤嚥性肺炎など中期から長期的な問題に関係してくるのが歯科となることが数多くあります。
また、教員のお一人が「小さい頃に体験入学など歯科との接点があれば、私も虫歯にならなかったかも」、「小・中学生に体験入学みたいな場を与えて欲しい」との声を頂きました。
成増北口通り歯科では定期的に色々な歯科に関してのセミナーを開催予定です。ブログにてアナウンスしますので、もし、お時間がありましたら足を運んでください。

成増北口通り歯科、院長の塩原康弘です

前回のブログで”歯科技工士が作りやすい形態も考えて治療致しますので、来院される皆様へ適合性のある技工物を提供出来ます”と書きました。これに書き足しておかなければならない事が一つあります。
それは皆様に提供する技工物(詰め物、銀歯などの被せ物、入れ歯)を技工士科時代の同級生に発注を予定している事です。
他の歯科医院では発注する側(歯医者)、発注される側(技工士)の間で自然と上下関係が生じてしまいます。本当に困った事がない限り物事を言いにくいのが現状です。この様な内容を技工士科時代の同級生から相談されたこともあります。
私の場合、同級生なので、その上下関係がありません。ですから、皆様に良い技工物を提供出来るようチームとして協力して参ります。

成増北口通り歯科、院長の塩原康弘です

 私の出身大学は横浜市鶴見区にある鶴見大学歯学部です。大学に入学する前は、横浜にある横浜歯科技術専門学校歯科技工士科で歯科技工士になりました。自分にとって歯科の勉強はとても面白く、突き詰めて勉強するには歯学部へ行くしかないと考え、歯科技工士として勤務しましたが、歯学部への道を選択しました。
歯医者のみの視点ではなく、歯科技工士としての視点もあります。例えば、クラウン(銀歯、白くきれいで適合性のよい被せもの)、義歯(入れ歯)など治療する時、歯科技工士が作りやすい形態も考えて治療致しますので、来院される皆様へ適合性のある技工物を提供出来ます。

成増北口通り歯科、院長の塩原康弘です

皆様、初めまして、8月1日より成増北口通り商店街で成増北口通り歯科を開業する院長の塩原康弘と申します。どうぞ宜しくお願いします。
このブログを見に来て頂いた方、まず私がどんな人物か?歯医者といっても専門は?どんな治療を得意としているのか?趣味は?・・・等々、疑問をお持ちだと思います。
今後、順次ブログを更新していきますので、これからもどうぞ私のブログを見に来てください!
皆様、宜しくお願いします!